沖永良部徳洲会病院ホームページ

リハビリテーション科

リハビリテーション科のご紹介

リハビリスタッフ当院は、発症直後の急性期から回復期、維持期まで、何らかの原因で「起きる」「座る」「立つ」「歩く」などの動作が不自由になり、「トイレ」「着替え」「入浴」「食事」「家事」「外出」などの日常生活に不便を生じている患者様の「住み慣れた場所で、自分らしく暮らしたい」という思いを大切に、理学療法・作業療法・言語聴覚療法を行います。

自宅に退院される患者様を対象に、退院後の自宅生活への不安が解消されるようにケアマネージャーや介護福祉業者等と連携し、環境調整を行います。

リハビリ室風景また、退院後もリハビリテーションを必要とする患者様に対し、家庭での自立や介助量の軽減、社会復帰を目的に外来や訪問、通所リハビリテーションを行います。

対象疾患

  • 中枢神経疾患(脳血管障害、脳の外傷、脊髄損傷、神経・筋疾患)
  • 整形外科疾患(骨折、関節の変形疾患、四肢の切断、筋・腱・靭帯損傷)
  • 内科疾患(糖尿病、消化管疾患)
  • 外科疾患(開腹、開胸術後)
  • 呼吸器疾患(肺炎、慢性閉塞性肺疾患、癌の術後)
  • 小児発達障害(自閉症、協調障害)
  • 老年期障害

施設基準

  • 脳血管疾患リハビリテーション(Ⅱ)
  • 運動器疾患リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器疾患リハビリテーション(Ⅰ)

理学療法

理学療法理学療法士:6名

身体に障害があり「起き上がり」や「歩行」等の基本動作能力が低下し、生活や社会活動に問題が生じている患者様に対し、「できる」ことが増えるように物理療法や運動療法、環境調整、動作指導を行います。

作業療法

作業療法作業療法士:6名

「日常生活動作」「家事」「仕事」など、生活全般に関わる活動を『作業』と呼んでいます。患者様にとって「やってみたい」「必要だ」といった作業を出来るように、治療・援助指導を行います。

言語聴覚療法

言語聴覚療法言語療法士:2名

言語、聴覚、発声、認知等に問題があって、コミュニケーションに障害をきたした患者様へ、専門的なサービスを行います。また、摂食・嚥下の問題、小児発達障害なども専門的に対応します。

外来患者様への物理療法

物理療法助手:1名

腰や肩、膝等の慢性的な疼痛に対し、疼痛の軽減を目的に温熱や電気刺激等の物理療法を行います。

※個人情報保護のため、患者様のお顔にモザイク処理を行っております。ご了承ください。

お気軽にお問合わせください。 TEL 0997-93-3000 24時間365日受付しております。

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 医療法人徳洲会 沖永良部徳洲会病院 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.